cafe&factory PaLuke (パルケ)

cafe&factory PaLuke (パルケ)
文京区小石川5−31−6
電話
Webサイト http://paluke.com
Facebook  https://www.facebook.com/paluke20160514/
営業時間  8:00~21:00 (月定休)

駅前から湯立坂を下り千川通りの手前、窪町東公園のお向かいに新しいカフェが生まれました。名前は「cafe and factory PaLuke(パルケ)」。大塚三丁目の cafe&bar totoruの2号店になります。5月14日(土曜日)のことでした。

大きな真鍮を撃ち抜いて作った銘板はキラキラ輝いています。PaLukeのアルファベットPの上の部分がタンポポに。綿毛が飛んでいます。

パルケの大きな銘板。

IMG_7037

パルケの所在を示す地図

湯立て坂を下って千川通りにぶつかる手前。自転車が走り、店内をのぞくひとも。

パルケの正面

「PaLuke(パルケ)」はポルトガル語の「公園」と「光」から作った造語、「陽が射し込む公園のような気持ちの良い場所」となることを願った店名です。 名前の通り、間口全面に広がるガラス(ドアもガラスです)のおかげでcafeそのものが窪町東公園の一部のようです。

ここなら保護者のかたも公園で遊ぶお子さんを見ながら一服できるので安心ですね。

透明なガラスに白い手書き文字でメニューや営業時間が書かれています。

正面の透明ガラスに書かれたメニュー

店内から向かいの公園が大きく透明でクリアなガラスごしにみえます。

店内から公園を見る

店の前からケーキ作りの厨房をガラス越しに眺めることができます。 裏ではなく敢えて前面に厨房を置いたところが「factory」の由来なのかもしれません。

厨房で働く植村さんと帽子をかぶったパティシエ

厨房の様子

ガラス一枚を隔ててチーズケーキをつくる植村さんの様子をみることができます。

通りから働く植村さんを見る

totoruで評判の「植村さんのチーズケーキ」を主役にしたのもPaLukeの特徴です。「客席のカウンターから厨房まで続く台の形を植村さんの焼くチーズケーキのイメージで作った」そうです。なるほどそう言われてみると形といい、色艶といいチーズケーキの一部を切り出したように見えます。

全体をチーズケーキにみえるように苦労して作ったカウンター

チーをズケーキを模したカウンター

実際のチーズケーキとカウンターの写真をならべてみましhた。似てるかな?

チーズケーキ ホールサイズ

カウンターはケーキのショーウィンドーにもなっています

カウンターの写真

佐久間社長はじめtotoruの皆さんが知恵を絞って設計した小ぶりの店内はtotoruとはやや趣が異なります。ドーンと置かれた石の塊のようなカウンターが客席に向かって、チーズケーキが焼けて膨らんできたような動きを感じさせるちょっとした異空間的雰囲気も作り出しています。

カットされたチーズケーキは450円

植村さんのチーズケーキ

バナナのシフォンケーキも一切れ450円

シフォンケーキ

佐久間社長と店長が並んでカウンターの前に満面の笑みで立っています。

佐久間社長(左)と店長

一切れ450円

植村さんのチーズケーキ 

植村さんのチーズケーキを少し小さくスティックタイプにしました。300円。

スティックタイプのチーズケーキ

背景に4つの菱形の格子状のガラスがプルー、緑、白に輝いて店内を明るくします。

店内のインテリア 壁のくぼみを利用したガラスの飾り棚

洋酒ビンがずらりとならんでいます

カウンター裏の洋酒ビン

ちょっとしたベランダには植木鉢が高低差をつけておかれています。緑が涼し気ですね。

店の裏手の木製のベランダ

ガラスに反射して公園の様子がみえます

入り口のドアと奥にみえるカウンター

8時から11時半まで。トーストセットで550円。

朝のメニュー

11時半から午後2時半までサンドイッチ、クロワッサンサンド、バゲットサンド、ラクトゥイユさんどなど

ランチメニュー

午後6時から9時まで。ポテトサラダやラタトウイユなど

夜のメニュー

内装中に出てきた木片を削ってドアに取り付けてみたら握りやすく良い感じになりました。

パルケのガラスドアにつけられた木製の取っ手

右手にカウンター、正面のガラスごしに湯立て坂の通りと向こう側の窪町東公園が見渡せます

店内から外をながめる

カウンターのガラス越しに厨房の動きが見えるのも「工場見学中」のようで楽しいものです。

慎重にチーズケーキの材料をまぜる植村さん

カウンター越しに植村さんが働く様子がわかります

「植村さんのチーズケーキ」の植村さんはどんな人なのでしょうか。

植村さん正面写真。チーズケーキを作るきっかけやtotoruの佐久間社長との出会いを語っていただきました

これまでの経緯を語る植村さん

totoru建築中にメンバーの駐車場を提供していたのが植村さん。totoru完成を祝って趣味の手作りチーズケーキを差し入れたことがきっかけとなり、以来totoruのチーズケーキは植村さんが作ることになったそうです。

植村さんの方も「ちゃんと礼儀も知っているし皆気持ちが良い連中なので年の差を忘れてすっかりtotoruのメンバーが気に入ってしまった」と今回のPaLukeプロジェクトも全面支援することになりました。

植村さんは学校卒業後ミシンの販売や貿易会社でブラジルサンパウロ勤務などを経験したのち当時六本木にあった日本のチーズケーキの草分け「洋菓子のクローバー(CLOVER)」に勤務。営業として活躍する一方「自分のチーズケーキを作りたい」気持ちが強く、高島屋への転職を機に「趣味のチーズケーキ作り」を始めたそうです。植村さん42歳のときでした。趣味とは言えチーズケーキ作りは既に30年以上と年季が入っているのです。

PaLukeでは新らしいスティックタイプやこれまでのプレーンタイプを中心に店内ばかりでなく持ち帰りなどの外販に力を入れていくそうです。

「これからはシニア向けのケーキ教室もやってみたい」と植村さん。「植村さんのチーズケーキ」はこれからも多方面で活躍しそうですね。

タンポポです

パルケの紙バッグの模様

(2016/05/30掲載)

One thought on “cafe&factory PaLuke (パルケ)

  1. Pingback: 〈特選!ご近所 茗荷谷界隈〉⑰ 窪町東公園に溶け込むカフェパルケ – JIBUN

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です