タンタローバ Tanta Roba (イタリアン)

Trattoria, Cucina Casalinga
Tanta Roba
タンタ ローバ

文京区小石川4-18-7

電話 03-3815-1122

春日通りから播磨坂を少し下って行くと右手にTanta Roba (タンタ ローバ)のテラスが見えてきます。この播磨坂は車の通りも少なく全体が桜並木の散歩道のようなので、陽気の良い季節にこのテラス席で食べるイタリアンはまた格別なものがあるでしょう。

tanta Roba01 Tanta Roba02 Tanta Roba14

Tanta Robaの意味はイタリア語で「たくさんのもの」。「美味しいものがいっぱい」そろっているということTrattoria, Cucina Casalingaは 「気軽なイタリアの家庭料理店」というような意味でしょうか。

Tanta Roba03 Tanta Roba04 Tanta Roba08

お店は1999年にこの地で開店し今年で16年目、姉妹店が御殿場の「Tanta Roba del Museo Gotemba」にあって、播磨坂店初代の新田シェフが活躍していたと伺いました。イタリアの北西部、ミラノやピエモンテで学んだ現在2代目林シェフもすでに6年目を迎えています。国内の「イタリア料理コンクール」への参加などで日々挑戦を続けているようです。
ピエモンテ仕込みの卵黄を練りこんだタヤリンやラビオリ、タリアテーレなどの自家製パスタやフォカッチャも人気です。

Tanta Roba11 Tanta Roba05 Tanta Roba09
イタリアワインの品揃えもご自慢です。入口にはピエモンテから訪れたワイナリーオーナー達が書き込んだサインが壁一面に記されています。

Tanta Roba07 Tanta Roba10 Tanta Roba06 Tanta Roba12 TantaRoba19

年に一度のイタリア研修旅行(美味しいものを食べる旅ですね。羨ましい)を続けているのはお店にとってもお客様にとっても良いことですね。美味しいものを食べないと美味しいものはつくれないのです。(2015,04,21掲載)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です