お茶の水女子大学 

お茶の水女子大学

附属幼稚園創立140周年記念特別展

1月19日(火)から31日(日)まで (入場無料・会期中無休)

時間12:30~16:30

会場 お茶の水女子大学歴史資料館(大学本館121・136室)

1876年(明治9年)、「日本初の官立幼稚園」として東京女子師範学校(現在のお茶の水女子大学)附属幼稚園が開園しました。今年で140周年を迎えます。

これを記念した特別展がお茶の水女子大学本館「歴史資料館」で開催されています。

IMG_0497

茗荷谷界隈に住んでいてもお茶の水女子大学の構内に入ることはあまりないかもしれません。この機会にぜひ出かけてみてはいかがでしょうか。

春日通りに面した正門(登録有形文化財)から銀杏並木をまっすぐ正面の本館へ向かいます。左手が附属小学校、右手が附属高等学校です。

IMG_0365 IMG_0425 IMG_0441

正面の植え込みには、東京女子師範学校が明治天皇の皇后(昭憲皇太后)御製歌で、校歌となっている「みがかずば」の碑があります。本館向かって左手奥には附属幼稚園があります。

IMG_0347 IMG_0474 IMG_0435 IMG_0344 IMG_0345IMG_0442IMG_0451

本館中央には大学講堂(徽音堂:きいんどう)があります。本館と大学講堂(徽音堂)、幼稚園園舎も文化庁から「登録有形文化財」の指定を受けた建築物です。

IMG_0446 IMG_0450 IMG_0445IMG_0444

廊下を左手にまっすぐ突き当たりまで行って右に曲がった両側の部屋が「歴史資料館」、今回の「記念特別展」の展示室です。

IMG_0459 (1)

136室には、子供達が輪になって遊ぶ「幼稚鳩巣戯劇之図」、当時の教材で遊ぶ様子を描いた「二十遊嬉之図」など興味深い展示があります。

IMG_0457 IMG_0456

121室に「マントルピース」が置かれていますが、かつて洋式作法室であった名残です。洋式作法室の写真にはシャンデリアも写っていますが、現在はありません。明治天皇と昭憲皇太后の肖像画は、もともと大学講堂(徽音堂)にありました。明治天皇像は講堂舞台の左側に飾られ、「右側」を向いて描かれています。

帰りには守衛所の裏手にある「お茶大インフォメーション・プラザ」に立ち寄りましょう。 表から見ると暗くて入りにくいのですが、思い切って中に入ると自動的に灯りがともり、お茶の水女子大学の公式グッズやパンフレットその他の資料を見ることができます。

IMG_0487 (1) IMG_0485 IMG_0483 IMG_0356 IMG_0357IMG_0297IMG_0298IMG_0299

文京区には区内の各大学(お茶の水女子大学、跡見学園女子大学茗、日本女子大学、貞静学園短期大学、文京学院大学、東洋大学)と「区立図書館では提供できない高度な学術書や専門書を利用する」目的で、文京区民が利用できる「大学と地域社会との連携強化を図る」ための「ライブラリーコネクト」という素晴らしい仕組みがあります。(今年の4月からは拓殖大学図書館も加わります。)

利用対象などはそれぞれの大学によって異なりますが、お茶の水女子大学附属図書館については文京区在住の満18歳以上の社会人(学生、受験生を除く)、年間利用登録料金が3240円、女性限定で、残念ながら私は利用できません。毎年30名ほどの利用があるそうです。

お茶の水女子大学附属図書館は所蔵する書籍(約71万冊所蔵)や資料のデジタル化と公開にはたいへん熱心に取り組んでいるようです。今回、歴史資料館でパネル展示をしている「和算コレクション」、「兵要地誌図」は附属図書館の「電子版貴重資料」として誰でも閲覧することができるようになっています。同じくパネル展示の「広開土王碑文拓本」は歴史資料館デジタルアーカイブズで公開しています。

IMG_0495

ネットを通した情報発信として「お茶の水女子大学の教育・研究成果のコレクション」サイト「ティーポット」もありますが、どこまでも「お茶」にこだわるネーミングには感心してしまいます。

お天気が良ければ「お茶ねこ」君たちに出会えるかもしれません。「お茶ねこ」はお茶の水女子大学構内を主な栖とするねこ達の総称で、それぞれ愛称があるようです。図書館前のねこ君は「にゃんこ先生」。

IMG_0327 IMG_0326 IMG_0320 IMG_0355

「お茶ねこ」は折あるごとにモチーフとして登場、お茶の水女子大グッズでも活躍しています。図書館前の池には立派な鯉とともに「お茶カメ」もいるようですが、現在はどこかで「冬眠中」とのことでした。構内には立派な桜の木(枝垂れ桜が多いような気がしましたが)があります。花の季節が楽しみですね。

IMG_0453IMG_0329

(2016,01,25掲載予定)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です