シドッチ神父と屋久島教会

小日向切支丹屋敷で生涯を終えたシドッチ神父。初めて日本に上陸したのが屋久島でした。屋久町ではシドッチ神父の功績を称える立派な石碑を上陸地点に建立。近くにはカトリック屋久島教会(シドッチ記念教会)が建てられ、庭には記念のモニュメントまで。小日向にもキリシタン屋敷跡の碑だけでなくシドッチ神父を記念する何かが有っても良いですね。崖に砕け散る波飛沫の激しさが神父を待ち受けていた厳しい運命と重なるようです。(5月4日)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です