鳥井孝嗣展(クネーテン)

7月8日から29日まで「クネーテン」で開催されている「鳥井孝嗣展」に出かけてお話をうかがいました。

鳥井さんは本郷のギャラリー「愚怜(GRAY)」のオーナーであり、「空(KUU)」という隔月刊誌(文京区の住民にはたいへんおなじみです。)の編集長です。

鳥井さんのキャリアはスタジオ写真家として始まりました。その後イラストレータ、グラフィック・デザイナーとして大手都市銀行や金融機関の通帳などのデザイン制作で活躍した後、思うところがあって函館に単身で赴き、1年間ひたすら絵の勉強をしたそうです。この間の作品で二科展に入選しています。27歳のときでした。東京へ戻ってからもデザイナーの仕事を続けて38歳のときに独立し、ギャラリー「愚怜(GRAY)」をオープンしました。この「グレイ」という名前、ビジネスは「赤字」でもなく「黒字」でもなく「グレイ」であれば良いと考えたことと、「愚か」でもなく「怜悧」でもない中間で行こうというところから名付けたそうです。鳥井さんの人柄が出ていますね。

ギャラリーでは木版や銅版の版画を中心に最近では陶器、漆器や絵画も企画しています。「神戸の石井一男さんの展覧会のときは朝から行列でした。」
毎週、「手ろくろ」で茶碗をつくりお茶をたて、生花は古流の正教授のお免状を持ち東京芸術劇場の正面を飾ったこともあるとか。幅広い趣味をお持ちです。
奥さんを病で亡くしたのが34年前の雪の2月。以来、ご自身の個展は毎年2月と決めています。クネーテンギャラリー8 クネーテンギャラリー7 鳥井さん4 クネーテンギャラリー6 クネーテンギャラリー5 クネーテンギャラリー4 鳥井さん3 鳥井さん2 クネーテンギャラリー3 鳥井さん クネーテンギャラリー1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です