ソーニャ ロシア料理

1月20日、火曜日です。茗荷谷界隈で多分唯一の「ロシア料理」店、ソーニャさん。湯立坂を下って千川通りの交差点角に構えてから今年で13年目。それまでは大田区で36年間営業していました。107歳とご長命だった先代のオーナーがハルピンで帝政ロシア時代の貴族一家の影響を受けて、創業以来ピロシキで使う肉もすべて牛肉を使っているそうです。このピロシキの中身は注文の際にひき肉、かぼちゃ、そして漉し餡の中から選ぶことが出来ます。漉し餡は和露折衷ですね。3日間かけて煮込むポルシチ、ひき肉のピロシキ、ロシア紅茶のランチセットをいただきました。店内のロシア玩具は「大田区時代のお客様にいただいたものもある」そうです。(2015,01,20掲載)

20150120sonya1 20150120sonya2 20150120sonya3 20150120sonya4 20150120sonya5 20150120sonya6 20150120sonya7 20150120sonya8

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です