界隈の印刷関連企業

電子書籍というものは便利なものだとは思いつつもあまり利用する機会がありません。私の場合、万一手元に印刷物が無くて、FacebookもTwitterもニュース配信もメールも見終わって、面白そうなスマホアプリ探しも終わりそれでもまだ画面を見る気力がある場合やっと電子書籍が選択肢に加わるかも知れません。その様な個人的事情もあって紙の印刷には当分お世話になると思います。本が書店に並ぶまでには様々な工程がありますが、印刷ひとつとっても知らない世界がたくさんありそうです。千川通り沿いには多く工場が残っていますがその大半が印刷や製本の工場でフォークリフトが活躍しています。(2015,01,18掲載)

20150119print1 20150119print2 20150119print3 20150119print4

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です